西洋占星術 水星のまとめ

水星とは

水星は、私たちが実感しやすい身近な天体となります。

たとえば、最近では頻繁に耳するようになった水星逆行ですが、水星逆行の時期になると、スマホ、電気機器、パソコンなどの調子が悪くなるという人もいるでしょう。

通信関係もトラブル続きが多かったり、スケジュールが遅れ気味だったりするという経験がある人もいるでしょう。

 

水星は、月の次に公転周期が短くなります。

月の公転周期は、およそ28日となりますが、水星は90日弱となります。

月は地球の周りをまわっており、水星は太陽の周りをまわっているので、月と水星は異なるカテゴリーになり、キーワードも違ってきます。

水星は、ほかの天体よりも、もっとも太陽から近い場所でまわっています。

そして、水星は、太陽から28度以上離れることはないです。

出生時のホロスコープの水星をみると、水星は太陽星座と同じ、もしくはひとつ先 or ひとつ後のサインになります。

たとえば、太陽が牡羊座にあると、水星も牡羊座、もしくは牡牛座もしくは魚座ということになります。

太陽と水星のアスペクトは、基本的にはコンジャンクション(0度)のみとなります。

 

水星は、双子座と乙女座の支配星となります。

金星も、牡牛座と天秤座の支配星であるように、ふたつの星座の支配星となります。

 

 

西洋占星術のアスペクトはホロスコープをみるために重要になります。

基本のアスペクトまとめ

2018年12月18日

複合アスペクトまとめ:Tスクエア・グランドトライン・グランドクロス・ヨード・カイト

2018年9月19日

木星の射手座入りや支配星(ルーラー)については、こちらをどうぞ。

支配星(ルーラー)

2019年1月8日

木星のホームグラウンド射手座への帰還

2018年8月11日

 

水星の基本
公転周期は90日弱

双子座と乙女座の支配星

太陽との28度以上離れないので、基本のアスペクトはコンジャンクション(0度)のみ

 

水星のキーワード

水星というと、水星逆行のイメージから、情報・通信・電子機器類などのキーワードを思い浮かべる人も多いでしょう。

また、言語・コミュニケーションや知性などとも関連があります。

整理整頓、仕分け、スケジュール調整などのスキルも、水星が関連するキーワードになります。

 

前述したように、水星は双子座と乙女座の支配星(ルーラー)となりますが、このふたつの星座では、関連するキーワードの特徴が違っていることもポイントです。

 

双子座の水星では、情報、頭の回転、機転、コミュニケーションなどが主なキーワードになります。

一方、乙女座の水星では、整理整頓、仕分け、調整能力などが主なキーワードとして挙げられるでしょう。

 

月の発達年齢域が、生まれてから7歳くらいまでとなるのに対し、水星は8歳~15歳くらいまでとなります。

月の発達年齢域では、家で母親に守られている中で成長する時代を表しています。

次に、水星の発達年齢域を迎えますと、家や母親の庇護を離れて、自分の知性やコミュニケーション能力、さまざまなスキルを身に着けていくようになります。

 

水星のキーワード

情報、コミュニケーション、通信、電子機器、機転、知性、整理整頓、スケジュール調整

水星の発達年齢域 8~15歳

 

水星の逆行

水星に注目が集まるときは、水星逆行に関するものが多いかもしれませんね。

水星は約4カ月ごとに逆行しますので、1年に数回ほど逆行期間があります。

1回の逆行期間は、およそ3週間となります。

 

今年(2019年)も、3月上旬、7月上旬、11月初めの3回にわたり水星逆行が起こる予定になります。

3月上旬の水星逆行と昨年末(2018年末)の水星逆行のテーマを投稿していますので、ぜひどうぞ。

全天体順行期間中の水星逆行

2019年2月25日

2018年最後の水星逆行

2018年11月14日

 

それぞれの水星逆行のテーマはありますが、共通しているテーマは、計画の修正や過去の見直しになります。

新月の願い事を書いている人は多いと思いますが、叶わないでそのままになっている願い事を振り返ってみると、すんなりと叶うこともありますよ。

叶わなかった願いごとを振り返ってみる

2017年12月8日

 

仕事や住居などの契約も、できるなら水星逆行を避けたほうが無難かもしれませんね。

スケジュール、交通、通信関係も遅延や不具合が出ることが多いため、きちんと確認すること、そして心に余裕をもっておくことを心がけましょう。

また、過去の知り合いからも、連絡が入ることがあります。

思わぬ再会や連絡に、何度も喜んだ経験がありますので、逆行中も楽しみながらすごしてくださいね。

 

また、ほかの天体と同様に、木星が、「順行→逆行」と「逆行→順行」に方向を変えるときには、インパクトのある出来事が起こりがちになりますので、注意が必要です。

 

水星の逆行
約4カ月に1度、年に数回ほど起こる

逆行期間は、およそ3週間ほど

順行→逆行&逆行→順行のときには注意

逆行中は、スケジュールの遅延、手違い、通信の不具合、誤解などが起こりやすいので、注意が必要なことも

過去の知り合いと連絡や再会があることも

 

おすすめの西洋占星術の本

自分でホロスコープを読み始めてから、自分のことが深くわかるようになり、迷うことが少なくなりました。

最近では、専門書だけではなく、お求めやすい価格の本も出版されるようになりましたね。

 

Kindle版や電子書籍版もあるので、持ち運びが便利で、通勤時に読むことができます。

マンガでわかりやすく説明されているので、読みやすいですよ。

ホロスコープ作成ができる付属のDVDがあり、あなたや大切な人のホロスコープも作成できます。
 
恋愛運・金運・仕事運など知りたいことが細かく分かれており、わかりやすい構成になっています。
 
読みやすい文章で、西洋占星術の専門用語などの解説もあるので、勉強になります。
何度も読み返すことで、さらなる理解に導いてくれる本ですね。
 

 











月のホロスコープ

新月と満月時には、ホロスコープの意味と毎回のホロスコープに合わせたメッセージを入れた期間限定のオラクルカードを作成していますので、ぜひご覧ください。