恋に効くサビアン 牡羊座1度

サビアンシンボルの解釈 牡羊座1度 

牡羊座1度
女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く

A woman rises out of water, a seal rises and embraces her.

牡羊座の1度は、春分の日の度数でもあり、新しいサイクルの始まりを告げるような度数になります。

 

水から上がってくるということで、母親の子宮の中から、外の世界へ飛び出していくイメージを思い浮かべた人もいるでしょう。

また、タロットでもそうですが、水は「無意識や潜在意識、感情の揺れ動き」を象徴していることがあります。

アザラシは、水の中にもぐっていく動物であることからも、無意識や潜在意識に回帰していく様子を表しているともいえるでしょう。

女性は、意志をもって、この世界に誕生していますが、まだ無意識や潜在意識とのつながりは大きいようです。

の世界に誕生した喜びを感じつつも、自分を確立していくには不安も残っているのかもしれませんね。

新しいサイクルがスタートした喜びがある反面、過去を振り返ったり、未来の不安がよぎったりすることもあるのかもしれません。

 

サビアンシンボルのキーワード

牡羊座の1度は、この世界に生を受けた喜びにあふれている度数になります。

これからどのような人生を歩んでいこうと喜びと不安の入り混じったような気持ちを味わっているのかもしれませんね。

実際には、何かを完了し、心機一転して、新しいサイクルが始まったばかりという場面もあるでしょう。

 

また、私たちの無意識や潜在意識は、大きな根源とつながっていると聞いたことがありますが、潜在意識につながることで、インスピレーションやアイデアを得る人もいるでしょう。

大きな根源は無限大の豊かさがあり、私たちはいつも恩恵を受けることが可能です。

牡羊座の1度では、無意識や潜在意識を上手に使い、大きな根源とつながることも可能になるでしょう。

 

牡羊座1度のポジティブ・キーワード
新たなサイクルがスタートした喜び

潜在意識につながり、無限のリソースとつながる

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、ひとりでは生きてゆけず、誰かのお世話を必要としながら、成長していきます。

牡羊座の1度でも、生まれたばかりの状態では、希望はあるものの、不安が残っています。

たとえば、新しいサイクルが始まっていても、慣れ親しんだ以前の場所や過去を振り返ってしまうことがあります。

牡羊座の1度のネガティブ・キーワード
希望と不安が入り混じった状態

慣れ親しんだ過去を思い出してしまう

 

サビアンシンボルと各天体の解釈

各天体とサビアンシンボルの関係を読み解いていくと、自分自身を知るキッカケになりますよ。

牡羊座の1度の太陽

この世界に生まれた喜びを表現できる、新しい世界に飛び込むことが好き、気持ちが湧き上がってきたら、果敢に行動していく

 

牡羊座1度の月

生きる喜びにあふれている、潜在意識につながることができる

 

牡羊座1度の水星

新しい何かを始めることに喜びを感じる、思考よりも行動

 

牡羊座1度の金星

純粋に喜びを表現できる、潜在意識とつながり、無限のリソースとつながることができる

 

牡羊座1度の火星

生命力が強い、不安もあるけれど、新しい場所で喜びを見つけていく

 

牡羊座1度の木星

自分の喜びを素直に追求する、どのような世界を創っていくかワクワクしている

 

牡羊座1度の土星

新しい環境では過去を振り返ってしまう、新しい場所では不安が先に起こってしまう











月のホロスコープ

新月と満月時には、ホロスコープの意味と毎回のホロスコープに合わせたメッセージを入れた期間限定のオラクルカードを作成していますので、ぜひご覧ください。