縁結びの旅行なら島根へ

日本最大の縁結び神社である出雲大社

島根県の縁結びの神社として、出雲大社は有名ですね。

まず、島根に旅行するなら、出雲大社を訪れる方は多いかと思います。

晩秋の平日の午前中に参拝したのですが、多くの方が訪れており、返る頃には混雑してきました。

朝の清々しい気の中で、参拝するのは本当に心地がいいですね。

そのあとのスケジュールについて、計画するときの参考になればと思いまして、この記事を書いています。

風水の視点から、パワースポットを取り上げており、参考になります。

日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)

出雲大社の前から出ているバスに20分ほど揺られていると、到着することができます。

バスに乗っている方の多くが日御碕神社に向かっているかと思います。

バスの本数は少ないので、事前に時間を確認しておくと良いでしょう。

出雲大社ほど混雑もしておらず、朱色の神殿と山の緑の色のコントラストが、本当に美しくて感動しました。

私がお参りした日は、小雨も降っていて、寒い晩秋の平日でしたので、静かにおまいりさせていただくことができました。

まったく旅の予定を立てない私ですが、出雲大社にお参りに行くときに、必ず立ち寄りたいと思っていたのが日御碕神社です。

昔から、大事なところにお参りするときは、なぜかいつも雨が降ってしまうので、旅行には傘を必ず携帯するようにしています。

参拝をした後に、さらに海側の方に歩いていくと、島が見えてきます。その島は、経島と呼ばれている神聖な島であるそうです。

出雲観光協会さんの記事によりますと、

経島では、一般の方の立ち入りはできなくなっており、日御碕神社の神職の方により、毎年8月7日に例祭が執り行われている

そうです。 

そして、日御碕神社は「砂のお守り」も有名です。

今回のお参りは、身内の健康祈願もかねており、お守りも購入しました。
色は、紫、赤、そして白から選ぶことができます。

中には、境内のお砂が入っており、病気治癒などに効果があるそうです。

アクセスは、出雲大社よりも、さらに先の日本海側に位置しています。
レンタカーで行くと便利です。バスの本数があまりないために時間はかかりますが、バスで行くことも可能です。

 

 

 

玉造湯神社

島根県の玉造湯神社は、美肌の湯で有名な玉造湯温泉街にあります。
とても寒い秋の日で雨も降っていましたが、無事にお参りさせていただくことができました。

女性向けのイラスト入りのパンフレットやウエブサイトも用意されていますので、とても便利でした。

おしゃれな雑貨屋さんなどもありますので、お土産選びも楽しかったですよ。
次回は、もっとゆっくりと温泉につかりたいと思います。

玉造湯神社には、触ってお祈りすると願いがかなうということで有名な「願い石」があります。玉造湯神社の社務所で叶い石を購入し、そのお作法にしたがって「叶い石」というお守りを作ることができます。

このお守り袋の中に、お清めした小さな石が入っています。

そのあと、休憩スポットの「おすそわけお茶屋」でお菓子とあたたかいお茶をいただいて、身も心もあたたまりました。

後日談ですが、よきご縁をいただいたおかげで、すんなりと願いは叶いました。
すばらしいご縁をつなげてくださいまして、感謝しています。

次回は、ぜひお礼参りに伺います。

玉造湯神社の場所はこちらになります。出雲大社のある出雲大社から出発すると、玉造湯神社のある松江市までは、電車で2時間ほどかかりました。

玉造湯神社から、徒歩数分圏内には恋来井戸という赤い宮橋があり、恋占いの素(鯉のエサ)をあげると、恋が引き寄せられるというスポットだそうです。

玉造湯神社に参拝したときには、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

 

お得に旅行するなら夜行バスがおすすめ

関西と関東圏からも多数の高速バスが出ています。関東圏を夜に出発して、早朝に松江に到着する便を選びましたが、フラットシートなどを選ぶと疲労も残らずに旅行できましたし、節約にもなります。

最近では、高速バスを予約できる会社が多数ありますので、比較してみるのもいいですね。

多彩なシートが発売されています。

\選べる!全12種類のシートが人気/高速バス・夜行バスの予約は【ウィラートラベル】

 

安さを求めるなら、【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約 がおすすめです。

 











月のホロスコープ

新月と満月時には、ホロスコープの意味と毎回のホロスコープに合わせたメッセージを入れた期間限定のオラクルカードを作成していますので、ぜひご覧ください。