シャスタ紀行2:宿泊場所&おすすめのレストラン

前回書いた「シャスタ紀行1:シャスタで開眼!?」も、ご参照ください。

今回は、宿泊場所とおすすめのレストランについて、書きたいと思います。





宿泊について

急にシャスタに行こうと思いついたので、宿泊先の予約をとれるかどうかが心配でした。
出発までに、3週間をきっていましたが、思いのほか、夏休み中なのに、すんなりと予約をとることができました。

しかし、滞在先の方のお話によると、夏休み中は、なかなか予約を取るのが難しいらしく、私たちは本当にラッキーだったようです。


スケジュールが決まったら、できるだけ早く予約をすることをおすすめします。
山開きしている時期は限られていますし、夏休みは旅行のシーズンになるので航空券代もすぐに変わります。

今回、利用した宿泊施設は日本人の方が経営されているところで、安心して旅行を楽しむことができました。家族連れよりも、女性で一人旅をしている人が多いので、お友達もつくれるかもしれませんね。

別途料金になりますが、ツアーや空港までの送迎などのサービスも行っているところもあるようなので、車の運転に自信がない方でも十分に楽しめると思います。

家族・仲間内でゆっくりしたい場合には、地元のホテルを予約する方がいいかもしれませんね。大都市と違って、シャスタのホテルの情報は日本の旅行会社だと限られていることもありましたので、世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】をおすすめします。

ホテル代金も比較しやすく、キッチン付きの部屋なども掲載されていました。


おすすめのレストランとオーガニックマーケット


Bistro107は、ランチタイムに行って、パニーニもハンバーガーも、とてもおいしくて最高でした。とくに、追加で頼んだサラダが新鮮でよかったです。
天気が良い日は、ぜひテラスで食べることをおすすめします。

すこし、洋食に飽きたら、アジアの食事はいかがでしょうか?
Phuket Thai Cefeは、おすすめのタイレストランです。


私たちが旅行したときには、混雑する時間でも、店員さんが1人でしたので、時間に余裕があるときにおすすめです。

もし、自分で飲み物、フルーツ、お菓子などを購入したいときには、このBerryvale Groceryというオーガニックマーケットがおすすめです。店内の奥では、サンドイッチなどをオーダーできるようになっています。店の横にはテーブルといすが用意されているので、買ったものをすぐに食べられます。

オーガニックのリップクリームやアロマオイルなども売っていますので、ちょっとしたお土産を買うのにもおすすめのマーケットです。

私は、今回まったく下調べをせずに、主人任せにしていたのですが、主人はシャスタの歴史や効果なども詳しく予習していました。

シャスタについて予習していくと、さらにシャスタ旅行が楽しめるのではないかと思います。パワースポットとしてのシャスタでの観光に絞ったガイドは、この本が一番良かったと思います。 次回も、シャスタ紀行の続きを書きたいと思います。

パワースポット、シャスタ山の歩き方

中古価格
¥1,903から
(2017/11/28 22:26時点)

 











月のホロスコープ

新月と満月時には、ホロスコープの意味と毎回のホロスコープに合わせたメッセージを入れた期間限定のオラクルカードを作成していますので、ぜひご覧ください。